テクニカル分析からみるFX

チャートの見方

テクニカル分析に必要なチャートについて

テクニカル分析をするにあたって、まずはチャートを見ることが基本となります。
チャートとは何か。
チャートとは、簡単にいうと過去の為替値動きを表にしたものです。
前述したように、テクニカル分析とは過去の値動きに基づいて今度の動向を見極め、FX取引をすることでした。
つまり、テクニカル分析とはチャートを見ないと始まらない、切っても切れない間柄なのはご理解いただけるのではないでしょうか。

チャートを見るといっても、ではどのように見ればよいのかここで解説していきます。
チャートを見るうえで、まず基本であるローソク足を知る必要があります。
ローソク足とは、形が蝋燭に似ていることだけで名付けられたものですが、これが結構万能なのです。

ローソク足が何を表しているか

ローソク足は始値(その期間の最初の値)、終値(その期間の最後の値)、高値(その期間の一番高い値)、安値(その期間の一番安い値)をそれ一つで表しています。
つまりこれさえ見れば、どのような変動をしているかがわかってしまうのです。

実際のローソク足を見てもらえばわかってもらえると思いますが、四角の形をしたものが、始値や終値を表しており、その四角の上下についている線が高値と安値を表しています。
始値より終値が高い場合は陽線と呼びまして、四角の形の中が白色もしくは赤色になっています。
逆に、始値より終値が低い場合は陰線と呼んで、四角の形の中が青色もしくは黒色になっています。
ローソク足が何を表しているかがわかると、その期間のレートがどのように動いたのかが、わかってしまうというわけです。